野菜が体に与える影響|オリゴ糖で健康が左右する|積極的に摂取しよう

オリゴ糖で健康が左右する|積極的に摂取しよう

野菜が体に与える影響

野菜

不足する事で起こる症状

コンビニ弁当やインスタント食品、ファーストフードなどの食べ物は美味しい上に調理する手間がかからない分、すぐ食べたいという時にはとても便利なのですが、それらの食べ物には塩分や炭水化物は比較的多く含まれているのに対し、野菜は不足している物がほとんどです。その為そればかり食べていると野菜不足になり必要な栄養が不足してしまいます。野菜には体の調子を整えるビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養がたっぷり含まれています。その為野菜不足になってそれらの栄養が不足してしまうとビタミン不足による肌荒れや食物繊維が不足する事で起こる便秘、他にも高血圧や動脈硬化、肥満などの状態になりやすくなってしまい、これだけでも野菜が体にとっていかに大切な食べ物であるかが分かります。

足りない分を補う方法

人が一日に摂取するべき野菜は350gと言われていますが、一日三食きちんと料理している人にとってはそれ程難しくない量ですが、食が細い人や仕事などで忙しく料理をする時間がない人にとっては少しばかり厳しい量です。野菜不足を防ぐには日々の食事から摂取する事が一番ですが、それが難しい場合はサプリメントや青汁などの健康食品を利用するのをお勧めします。サプリメントなら水さえあれば何時でもその場で服用する事が出来るので外出先でも便利ですし、青汁なら液体なので朝は食欲がないと言う人にも飲みやすいのではないでしょうか。これらの健康食品には野菜に含まれている栄養素がギュッと詰まっているので日々の食生活ではとれない分を補って野菜不足になるのを防いでくれますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加